製作の流れ

機構解析→加工→品質保障
カムの製作は「機構解析」「加工」「品質保障」という流れで進められます。
確かな製品作りは、スペシャリストの意欲と連携、確認体制が可能にしています。

 お客様の仕様(カム図面)に基づきカム機構上の留意事項を十分検討した上で、加工用NCデータを作成します。
 自社開発の「HI-CAPシステム」はさまざまなカム曲線に対応していますので、お客様の多様な設計目的にお応えすることができます。

 マシニングセンタによるカムプロフィル加工の後、熱処理を経て、CNCカム研削機による重要な仕上げ処理が行われます。先進の高精度工作機械の性能と共に、スタッフの技術と経験が細やかなノウハウとして発揮されます。
 より高い精度を求め、弊社では、ドイツ「EMAG KOPP社」製CNCカム研削機を4台導入しております。

 三次元測定を含めた検査を行い、品質の保証をいたします。
 製品の耐久性については、機械仕様に耐えられる硬度を長年の経験と加工技術により導き出しています。

 お客様の仕様(カム図面)に基づきカム機構上の留意事項を十分検討した上で、加工用NCデータを作成します。
 自社開発の「HI-CAPシステム」はさまざまなカム曲線に対応していますので、お客様の多様な設計目的にお応えすることができます。

 マシニングセンタによるカムプロフィル加工の後、熱処理を経て、CNCカム研削機による重要な仕上げ処理が行われます。先進の高精度工作機械の性能と共に、スタッフの技術と経験が細やかなノウハウとして発揮されます。
 より高い精度を求め、弊社では、ドイツ「EMAG KOPP社」製CNCカム研削機を4台導入しております。

 三次元測定を含めた検査を行い、品質の保証をいたします。
 製品の耐久性については、機械仕様に耐えられる硬度を長年の経験と加工技術により導き出しています。