沿革

カムと歩んで50余年。常に新しいものに挑戦してきました。
1918.8創業者 丸尾小一郎が大阪市内においてガラス瓶金型製造会社を設立。
1965.5丸尾良仁が輝工作所を設立し、独創的な機構による間欠駆動ユ二ットを発表し同時に倣いフライス盤による各種省力機械用カムの生産を開始。
1974.12規模拡充にともない組織を株式会社輝工作所に改組。
1978.6日立精機製 マシニングセンタ MG500を導入しNC化を開始。
1980.12資本金1,200万円に増資。
1981.5汎用コンピュータNEC MS30 導入。
1982.2三井精機製 高精度マシニングセンタ JIDIC-H6C 導入。
1983.8総合 CAD/CAMシステム(HI-CAP)を自社開発。
1983.12資本金2,400万円に増資。
1983.12ドイツKopp社製 カム研削盤 FSK 32.3 導入。
1988.4ワークステーション型コンピュータ EWS4800 導入。
1989.12ドイツKopp社製 カム研削盤 SK21.3 導入。
1990.6ミツトヨ製 三次元測定機 Super KN 810 導入。
1993.4横河ヒュ−レットパッカード製 汎用CADシステム ME10 導入。
1996.10日立精機製 マシニングセンタ HG630 2台 導入。
1997.10三井精機製 マシニングセンタ VU65A 2台 導入。
2000.2ISO9001:1994認証取得。
2000.9ドイツKopp社製 カム研削盤 SK35E 導入。
2002.12ISO9001:2000認証取得。
2006.2ドイツKopp社製 カム研削盤 FSK25S 導入。
2007.10住友重機械製 平面ロータリー研削盤 SVR130 導入。
2007.10ドイツKopp社製 カム研削盤 SN310 導入。
2008.93D CAD PTC Creo Elements / Direct Modeling (曲面処理オプション付)ソフトウエア 導入。
2010.8ISO9001:2008認証取得。
2012.2森精機製 NC旋盤 NL3000 導入。
2012.3OKK(大阪機工)製 マシニングセンタ MCH-800Ⅱ 導入。
2012.3OKK(大阪機工)製 マシニングセンタ HCV660 導入。
2013.7工学計算ソフトウエア Math Cad 導入。
2013.11森精機製 NC旋盤 NL3000 導入。
2015.1三井精機製 マシニングセンタ VU65A 導入。
2016.4大阪府より「経営革新計画」の承認。
2016.9ミツトヨ製 三次元測定機 CRYSTA-Apex S9106 導入(ロータリテーブル MRT320付加)。
2017.9ISO9001:2015年版 認証取得予定。